期間従業員の求人を出す側の理由について

求人情報誌などには様々な求人が載っています。正社員や派遣、アルバイトなどカテゴリーで別れて掲載されている雑誌も多いですが、期間従業員という働き方も同時の募集要項として書かれています。期間従業員というのは期間工とも書かれていることがあります。これは人を雇いたい企業などにとって、通年での採用をする募集ではなくて、特に忙しいと事前に分かっている特定の時期だけに募集をかけるスタイルで、増産をしていく上での対策のひとつとしている場合が多いです。募集内容にもよりますが、就業期間はある一定期間だけに限定して直接的な雇用をしていく契約での社員という立場を指しています。多くみられる職種としては、電子部品や自動車部品といった工場などでの製造ラインで働く職場で、期間従業員の求人が比較的多く出ています。

期間従業員は企業にとって雇いやすい求人である

正社員は本工や常用工ともいいますが、期間工である期間従業員は、これらとは違う区別された立場となっています。そのため正社員として雇用側が雇う時に花は必要だったことが、期間従業員を雇う場合には必要がなくて簡素化されていることが多いので、この点では雇用側にとっての人材経費の削減や各種手続きの簡素化などにも繋がることで、大きなメリットがあります。企業が期間従業員の求人を出すのは、より簡素化して人を雇えるという理由があるために、過去には出稼ぎとしての地方出身者からその多くが雇用をされていたようですが、近年では外国人による人手も多くなって、外国からの雇用者が期間従業員として雇用されている実情が増えてきています。特に中国や日系ブラジル人などをはじめ諸外国からの応募も多い働き方となっているのです。

働き手が欲しい時期だけの求人として期間従業員は重宝する

労働基準法によって、雇用側が35ヶ月以上の連続勤務を働き手にさせる場合には、正社員扱いにしなくてはいけないという決まりがありますが、期間従業員は時期が一定に定められての契約をしていますのでそれにはあたりません。忙しい時期だけ働く人材は欲しいけれども、正社員という無期での求人を求めていない雇用側にとっては、これはとても都合の良い求人方法となります。また大きな企業ではなくもっと規模の小さな雇用者の場合であれば、健康保険や年金などの社会保険には入っていない場合もあります。正社員での雇用なら入らないと行けない各種保険でも、期間従業員の場合だと必ずしも入っているとは限らないので、そういった点でも家族経営のような小規模な雇用主にとっては、コストの削減や手続きの簡略などのメリットとなります。このように、雇いやすい方法のひとつとして考えられているので求人を出しているのです。