企業が出す期間従業員の求人を利用する方法

期間従業員という働き方をご存知ですか?主に自動車工場や電子部品製造工場などで求人を出していることが多い期間従業員ですが、派遣社員とは異なり、メーカーと直接雇用契約を結ぶ働き方となります。福利厚生なども規定に準じているため、待遇がよいのが特徴です。ただし有期契約となる為、期間が終われば新たな働き先を探さなければならないといった点で不安を持つ方も多いのではないでしょうか。期間従業員は高給であるため、短期的に稼ぎたい方にとってもねらい目となっており、有給なども取れます。寮や食堂も完備されていることがほとんどですので、働きやすい環境です。また学歴や経験などは問われないなど、採用のハードルは低めであるのに対し、大手メーカーへの直接雇用の道が開けていることが多いのも魅力と言えます。

企業にとっての期間従業員とは。求人の裏側。

企業はメーカーの売れ行きに合わせ、増産体制をとるためといった一時的な人材の確保のため、期間従業員の求人を出します。派遣会社ではマージンを取られることもあり、直接雇用できる期間従業員のほうが企業にとってもメリットが大きいのです。また2年11ヶ月を最長契約とし、細かな更新日程も決められています。正社員として雇わなければならないギリギリのラインで契約するため、業績が不振になれば契約を打ち切ることも容易にできます。契約更新は企業側の都合を優先できるため、敷居を低くし、多くの従業員を短期間採用することができるのが企業側のメリットです。雇われる側にとっても条件は申し分なく、契約期間内をまじめに欠勤なく働けば、未経験の職種であっても多くの給料を稼げるので、割り切って働く人も多いのです。

企業から見た期間従業員求人のメリットとは

期間従業員の仕事は工場のラインに入ることが多いです。24時間稼働の工場も多く、夜勤などもあります。そういった働き方を長く続ける方は少なく、期間限定だからこそ求人に人が集まるといった点も期間従業員のメリットといえます。短期間で多く稼ぎたい方、寮や食堂完備の環境に魅力を感じる方などは特におすすめです。期間従業員を採用する中で、一部の方は正社員として採用される場合もあります。期間従業員としての働きぶりや経験値、試験に合格するなどいった頑張り次第で上司の推薦を受けられる事も有ります。企業にとっても、身に着けた技術や適性を契約期間中に判断してから採用できるので、無駄がありません。正社員を目指す方にとっては申し分ないチャンスであり、普通に入社試験を受けて正社員になるよりもずっとハードルが低くなるため、おすすめです。